ジャパンデスク - Japan Desk

Mazars では、日系企業への業務支援を包括的にサポートするため、世界各国にジャパンデスクを設置しています。

ジャパンデスクの専門家は、当該国の会計・税務実務や法規制に関する豊富な知識と経験を有するのみならず、 日本のビジネス実務・慣習にも深い知見を有し、日系企業が有する問題を適切に取り扱うことができるバイリンガルまたはトリリンガルのプロフェッショナルにより構成されています。

また、ジャパンデスクは、Mazarsの監査保証業務、アウトソーシング・会計サービス、アドバイザリー、税務コンサルティング、トレーニング等の専門家とも緊密に協力しながら案件に応じて必要となる専門知識を駆使して業務にあたることができます。

さらに、Mazarsの国際的に統合されたパートナーシップの枠組みは、ジャパンデスクの専門家と日本を含めた各国Mazarsチームとの国境の垣根を越えたプロジェクトにかかわるシームレスな共同作業を可能にしています。現在ジャパンデスク未設置の国におけるサービスについてもサポートが可能ですので、お近くのジャパンデスクまで、お気軽にご連絡ください。

世界各国のジャパンデスクの詳細については、以下もご参考ください。

上海オフィス(中国)

バンコクオフィス(タイ)

東京オフィス(日本)

シンガポールにおけるジャパンデスク

Mazarsシンガポールジャパンデスクでは、日本人2名を含む経験豊かな専門家陣により、事業規模を問わずシンガポールに進出される新規日系企業様、及び既存日系企業様のお客様に対してサービスを提供させて頂いております。

また、シンガポールのみならず、東南アジアにおけるリージョナルサポートを行っており、マザーズ他拠点(インドネシア、マレーシア、ミャンマー)における日系進出企業へのお手伝いも承っております。

Share